病院概要

当院の取り組み

栄養サポートチーム(NST)について

NSTとは
Nutrition Support Teamの頭文字をとった略称で、「栄養サポートチーム」のことです。
栄養に詳しい医師を中心に医師、歯科医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、リハビリテーションスタッフなど多職種のスタッフが連携を持ち、それぞれの知識や技術を出し合い、最良の方法で栄養支援をするチームです。
NSTの活動

患者さんの栄養状態の改善を図り、本来の治療効果を高めることを目的として、次のような活動を行っています。

  • 1) 適切な栄養管理方法の選択
  • 2) 適切かつ質の高い栄養管理の提供
  • 3) 栄養障害の早期発見と栄養療法の早期開始
  • 4) 栄養療法による合併症の予防
  • 5) 疾患罹病率・死亡率の減少
  • 6) 病院スタッフのレベルアップ
  • 7) 医療安全管理の確立とリスクの回避
  • 8) 栄養素材・資材の適正使用による経費削減
  • 9) 在院日数の短縮と入院費の節減
  • 10) 在宅治療例の再入院や重症化の抑制

当院には、歯科口腔外科があり、口腔内管理、義歯の調整など言語聴覚士と連携を持ち摂食機能の管理も行っています。また、より良い栄養管理を行うため、褥瘡対策チーム・感染対策チーム・医療安全対策委員会との連携を図りながら、活動を行っています。

褥瘡対策チームについて

褥瘡とは

褥瘡は、一般的には床ずれと呼ばれるものです。長い間寝たきりの人や車いす座位の時間が長い人の場合、骨と床や車いすの座面との間に筋肉や皮下組織が挟まれた結果血流障害を生じ、潰瘍となったものを褥瘡(じょくそう)といいます。

少し前まで褥瘡には、天気の良い日に創の部分をお日様にあてて乾燥させたりするなどの、現在とは正反対の治療が行われていました。現在褥瘡の治療は驚異的に進歩し、外用剤の選択のみだけでなく、マットレスや栄養状態が褥瘡発生や治癒の結果を左右するということが広く一般的な常識となってきました。

学会でも、栄養,除圧,スキンケア,外用剤,特殊治療などいろいろな情報交換がなされています。また、褥瘡は予防が可能な疾患である事も明らかとなり、当院でも予防から治療までを通して多職種で連携を取って介入しています。

褥瘡発生を少しでも減らすために、褥瘡のある患者様に、発症より適切な褥瘡ケア・治療を提供し早期治癒を目指すため、多職種が専門性を用いて褥瘡ケアに取り組みます。また、退院後も継続したケアが提供されるように取り組みます。

褥瘡対策チームの活動
  • 褥瘡回診
  • 褥瘡のある患者様の回診を構成メンバーで行っています。褥瘡処置・ポジショニング・栄養状態等をそれぞれの職種が専門性を活かし検討しています。
  • 委員会
  • 毎月の活動を振り返り、多職種で情報交換しながら、今後の褥瘡治療・ケアを検討しています。褥瘡回診患者様の評価を、多職種で専門性を発揮し情報交換をしながら褥瘡治癒に向けて一丸となって取り組んでいます。
  • 研修会
  • 褥瘡に関する知識や技術の向上に向けて講習会及び勉強会を行っています。

教育研修について

臨床実習中のセクション
下記セクションにおいて研修生を受け入れております。みなさまのご理解とご協力をお願い致します。
下記リンクをクリックすると、詳細ページが開きます。

院内感染対策チーム

院内感染と当院の取り組み

感染対策室は、院内感染の予防と感染対策上の問題のチェックや報告、相談、対策、管理を、日常的に行っています。
院内感染発生時は、原因解明のための調査を行い、解決のため情報提供をして対策案を提案します。そして、現場主体で問題解決する事を手助けし、最 終的に終息確認も行います。さらに、再発防止のために、病院全体の共通課題として職員全体に情報提供していく事も役割と考えています。
感染対策室だけで解決できない場合は、感染対策委員会などの院内組織と共に行動して、早期解決を図ります。

院内感染対策のための組織
  • 感染対策室:委員長、他9名で組織し定期開催
  • 感染対策委員会:院長はじめ16名情報提供と同時に月1回会議の開催
  • 感染情報委員会:院長・委員長・看護部長・事務長・検査技師長 の5名 緊急時招集
院内感染対策の目的
  • 患者さん同士の病原体の伝播・拡散で、患者さんが感染症に罹患することを防止すること。
  • 院内で働く職員を病原体の曝露から守ること、院内感染症の集団発生を防止すること。
他院との連携

当院は国立国際医療研究センター病院とも協力して定期的に情報交換を行い、日々感染対策の強化に努めています。

感染対策の基本な考え方と行動

感染対策は、標準予防策の観点に基づいた医療行為を確実に行うことを基本としています。
そのために、感染対策マニュアルの遵守と標準予防策の徹底を目指し、院内ラウンド(病棟・外来・理学療法・放射線科・検査科など)を実施していま す。院内研修会の開催を定期的に実施し職員の教育・啓蒙を図っています。また、必要に応じてマニュアルの見直しや改正も行います。

院内感染対策指針はこちらをご覧ください。

医療安全に関する各種取り決め