ご来院の方へ

健診・ドックのご案内

健診室のご案内

企業・事業所のみなさまへ

有隣病院健診室では、地域企業や事業所の従業員の方々の採用時健診や日帰り人間ドック・定期健康診断等をお受けしています。胸部X線検査や尿、血液等法令で定められている一般健診と、24時間血圧計や24時間心電計、超音波診断装置やヘリカルCT診断装置等によるオプション検査に別けて受けていただくことができます。
事業は人なりといい、継続は力なりといいますが、その一番の前提はひとりひとりの健康と健康管理であることは言うまでもありません。企業の経済環境が厳しくなるなか、禁煙やメンタルヘルス等を含め従業員のみなさんの健康管理と労働環境の改善と整備がますます重要になってきています。お近くの施設として 当健診室をどうぞご利用ください。
世田谷区の特定検診・特定保健指導や乳癌・子宮癌・前立腺癌・胃癌・大腸癌・肺癌検診、肝炎ウイルス検診、骨塩定量測定、インフルエンザ予防接種・入社や進学試験、渡航のため等の個人健診は「一般外来」でお受け下さい。

健診室のご利用案内
  • 健診の委託
  • 事業主の責任と負担による委託健診です。
  • 1人以上、従業員数の多少に係らずお受けしています。
  • 健診項目
  • 労働安全衛生規則では年令や従事する仕事の内容ごとに必須項目が決められています。
  • 詳細は予約の際にご相談下さい。
  • 費用
  • 問診や診断料を含め、ご負担いただきます。
  • 詳細は、健診室までお問い合せ下さい。
  • 予約
  • 電話でもお受けします。健診室宛に相談、予約して下さい。
  • 検査項目、受診者数、日時をお知らせください。
  • 尚、幾組かに別れていただく場合があります。
  • 問診票等
  • 予約票とともに次のものを必要数お渡ししますので、受診者各人に配布下さい。
  • 1. 問診票:生活暦等正確に記載し、受診当日めいめいで持参して下さい。
  • 2. 検便等の容器。
  • 3. 受診日前夜の飲食や当日の服装等についての注意とお願い。
  • 受診
  • X線検査等では一般の入院外来患者が優先される場合があります。
  • 結果通知
  • 事業主宛に個人票を添えて検査項目と所見別にまとめて通知します。
  • 所轄官庁への報告の基礎資料として下さい。
  • 所見のあった従業員には速やかな精密検査や病医院での受診を指導し、食生活の改善等アドバイスして下さい。
  • 個人票
  • 検査成績は、継続して受診されている方には前々回と前回の検査値と比較できるよう併記しお知らせします。
  • 血液検査等の成績欄の基準値は健康な日本人のあくまで平均値です。また、男(M)・女(F)で異なっている項目があります。
  • 基準判定および総合判定で医師の所見を記載し、再検査や精密検査或いは経過観察の要否などを指導、助言します。
各健診のパンフレット(PDF)

鼻から診る内視鏡検査(外科)のご案内

有隣病院では、平成19年から最新式の鼻から診る内視鏡検査(経鼻内視鏡検査)を導入し、嘔吐反射を誘発することなく、楽に検査を受けていただくことができるようになりました。胃の内視鏡検査では、食道・胃・十二指腸の粘膜を肉眼的に観察しながら診断を行います。必要に応じて組織生検、培養検査などで潰瘍・癌の診断を行います。

経鼻内視鏡の特徴

口から入れる内視鏡検査といえば、「もう二度と受けたくない」というイメージがあるほど、つらい検査という印象が強いと思いますが、鼻から入れる 内視鏡検査は、そのイメージを一新させます。従来の検査では、口からファイバースコープを挿入していたため、どうしても検査中に「オエー」と嘔吐感を催すことがあります。これを咽頭反射とよびますが、ファイバースコープを鼻から挿入する場合は舌の根元に触れないので、嘔吐感もなく、スムーズな検査ができま す。また、X線検査(透視)にくらべ、検査後の便秘などの副作用の心配がありません。
鼻から挿入する経鼻内視鏡検査の大きなメリットの一つに「検査中医師と会話ができる」ことがあげられます。従来の口からの内視鏡検査では、口がふさがれてしまうためしゃべることができません。医師と会話ができることで、検査中に先生の問いかけにも応じることができますので、検査中の不安も解消できます。
検査終了後は、当院では前処置に注射を行なっていないため、すぐに普段どおりの生活ができ、お水を飲んでもむせなければ飲食も可能です。また、車での来院も可能です。

鼻から入れて本当にだいじょうぶ?

普通、鼻からモノを入れることはなく「すごく痛そう」と感じるのはやむ得ず、実際に鼻腔は神経が集中している敏感な部分です。そこにファイバースコープを通しますので挿入する前にはキチンとした前処置を行います。鼻腔だけ麻酔をすれば、鼻から入れてもさほど痛さを感じることがなく通すことができます。実際に経験されますと、その恐怖心は影を潜めてしまうようで、鼻から内視鏡検査を受けた方への調査では、なんと9割をこえる人たちが「次回も鼻から」と希望されています。

安全管理

内視鏡検査を受けたいけれど、感染を危惧されている方も少なくないと思います。当院では、内視鏡検査のたびに専用の洗浄器で洗浄・消毒・滅菌をしています(消化器内視鏡洗浄・消毒法に準じています)。これにより、一般細菌、ピロリ菌、結核菌、真菌、肝炎ウィルス、エイズウィルスなどは完全に死滅し感染の危険はありません。また、組織を採る内視鏡処置具も同じ洗浄・消毒・滅菌作業をしています。

検査前日
  • 夕食は夜21:00までにすませ、お薬はいつものようにお飲み下さい。
  • お水、お茶は夜24:00ごろまでは飲んでも結構です。
検査当日
  • お食事はしないでいらして下さい。
  • ふだん朝のお薬を服用している方はご相談下さい。
  • 朝に血圧のお薬を服用している方はいつもどおりにお飲み下さい。
経鼻内視鏡検査の進み方
  • 1.検査前の処置
  • シロップを飲んで胃の中をきれいにして見やすくします。
  • ベッドに仰向けになり鼻の麻酔をします。
  • 麻酔にかかる時間は10分ぐらいです。
  • 2.検査中
  • ベッドに左向きに横になった状態で検査を行います。
  • 検査時間はおよそ10分ぐらいです。
  • 内視鏡のモニターを見ながら質問したり説明を聞いたりできます。
  • 診断を確かめるために色素をまいたり組織を採取したりすることがあります。
  • 3.検査終了後
  • すぐにお仕事や普段どおりの生活ができ、お車の運転もできます。また、お水を飲んでむせなければお食事もできます。
  • 組織を採取した場合は、結果がでるまでに約1~2週間ぐらいかかります。
検査の偶発症・合併症
  • 鼻の狭い人では鼻の麻酔をしても多少の痛みがある場合もあります。
  • 検査後に鼻血が出ることもありますが、ほとんどは数分で止まります。
  • 組織を採取した部位からの出血に対して止血処置を要することがあります。
  • 極まれに麻酔のお薬で具合が悪くなる場合があり、状況に応じて対処します。
お問い合わせ先

東京都世田谷区船橋2-15-38
社会福祉法人東京有隣会有隣病院
電話:03-3482-3611 外科

世田谷区 健診のご案内

特定健診・特定保健指導や乳がん・子宮がん・前立腺がん・胃がん・大腸がん・肺がん検診、肝炎ウィルス検診、骨塩定量測定を行っております。

実施日

随時、受け付けております。
 お手持ちの「ご案内」と受診券をご確認いただき、ご不明な点は下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先

東京都世田谷区船橋2-15-38
社会福祉法人東京有隣会有隣病院
電話:03-3482-3611

世田谷区 乳がん・子宮がん検診のご案内

女性スタッフによる女性のためのがん検診は、毎週金曜日に行っております。

お子様をお連れの方はスタッフが対応致しますので、ご予約の際にお気軽にお尋ねください。

インターネット予約システムについて

 世田谷区の受診券をお持ちの方を対象に【乳がん検診】と【子宮がん検診】のインターネット予約を受け付けております。インターネット予約は、女性スタッフが対応する金曜の午前に限らせて頂きます。
 お手数をお掛け致しますが、他の曜日をご希望の方は電話での予約になりますのでご了承願います。

  • 検診の結果は約1ヶ月後に医師がご説明します。
  • その他注意事項は、世田谷区の受診券と同封されている「検診のご案内」をお読み下さい

新規ユーザー登録の方法はこちらをご覧ください

インターネット予約をする

※ネット予約ができない(空メールが返ってこない)場合は、こちらをご覧ください。

実施日

所要時間:約1時間(乳がん検診 30分、子宮がん検診 30分)

乳がん視触診  
マンモグラフィ  
子宮がん  
:午前・午後  :午前のみ  :午前・午後  :午前のみ赤表示:女性スタッフが担当
黒表示:男性スタッフが担当
※第2・4金曜日午後のみ、主に検診のフォローアップ 婦人科外来実施(完全予約制)
休診のお知らせ
検診科目日時医師名休診・代診
婦人科外来8月25日(金)午後佐治休診
子宮がん検診9月15日(金)佐治休診
申し込み(完全予約制)
  • 予約受付時間
  • 月~金曜日 8:30~17:00
  • ※但し休診日(土曜日、日曜日、国民の休日、12月30日~1月3日)を除く
  • ご連絡先
  • ・電話:03-3482-3611(代表)
  • ・女性がん検診担当
  • 受診票
  • 世田谷区から対象年齢の区民に受診票一式が配られ始めております。お持ちの方はお電話にてご予約を承っております。お持ちでない方は、各総合支所健康づくり課宛お電話またはハガキで申し込みいただき、受診票をお取り寄せください。
乳がん検診について

日本では「乳がん」にかかる人の割合が増加しつづけ、現在では12人に1人が乳がんにかかるといわれています。30歳から64歳までの日本人女性の「がんによる死亡率の第1位は乳がん」なのです。
しかし、乳がんは、他の臓器のがんと違って体の表面近くにできるがんであるため、気をつけていれば早い時期に自分で発見できる唯一のがんとも言われています。
早期発見、早期治療は命を守る重要な手だてです。そのためには、ぜひ定期的に検診を受けましょう。

検診項目

問診、視触診、マンモグラフィ(乳房X線撮影)
※マンモグラフィとは
乳房を、専用のX線装置で撮影し、撮影した画像を見て診断する検査です。
視触診のみの検診よりも乳がんの早期発見に優れており、国の研究でも死亡率の減少に効果があるとされています。

対象者

40歳以上で偶数年齢の女性区民…2年に1回の検診となります。
※対象年齢は、4月1日~3月31日の間に迎える年齢をさしています。
※ただし、次の方は受診できません。

  • 1. 妊娠中、または妊娠の可能性がある
  • 2. 授乳中の方(断乳6ヶ月後から受診可能)
  • 3. 乳房の疾患で治療中、観察中の方
  • 4. 豊胸手術された方
  • 5. 心臓ペースメーカーを使用している方
検診費用
  • 世田谷区の検診対象となる方
  • ・自己負担額 1,000円
子宮がん検診について

第2・4金曜日午後のみ 主に健診のフォローアップ 婦人科外来実施 (完全予約制)
子宮頸がんの発生には「ヒトパピローマウイルス(HPV)」の感染が危険因子といわれています。HPVは性交渉によって感染しますが、HPVに感染した女性が必ずしも子宮頸がんを発症するわけではありません。
最近では20歳代の若年層に子宮頸がんや異形成の増加がみられるため、子宮がん検診の対象者が20歳以上になりました。
子宮がんは、早期の段階で発見し治療すればその多くが完治できます。がんの早期発見には、自覚症状のないうちから子宮がん検診を受けることが重要です。

子宮頸部がん検診

  • 検査項目
  • 問診、視診、内診、細胞診検査 (子宮の細胞を採取して検査を行います)
  • 対象者
  • ・ 20~39歳の女性区民…毎年受けられます。
  • ・ 40歳以上で偶数年齢の女性区民…2年に1回の検診となります。
  • ※対象年齢は、4月1日~3月31日の間に迎える年齢をさしています。
  • 検診費用
  • 対象となる方の自己負担額 800円
子宮体部がん検診
  • 対象者
  • 世田谷区の子宮頸部がん検診を受診し、最近6ヶ月以内に不正性器出血があり、下記のいずれかに該当する方には医師の判断に基づき子宮体部がん検診を実施します。医師にご相談ください。
  • ・ 50歳以上の方
  • ・ 閉経以後の方
  • ・ 未妊婦であって月経不規則の方
  • ※体部がん検診のみの受診はできません。
  • 検診費用
  • 対象となる方の自己負担額 1,000円