病院概要

病院概要・沿革

病院の特色

慢性期病院として一般、療養、回復期リハビリテーション病棟の機能を備えております。また、地域医療の担い手として、世田谷区の健康診断(成人健診・癌検診・肝炎ウイルス検診等)・インフルエンザ予防接種を実施しております。
健診室では地元企業の企業健診を担当し、社員のみなさんの健康管理の一翼を担っております。

基本理念

  • 見えないものの価値を尊重する
  • 個々の人間性を大切にし奉仕の心で接する
  • つねに自分自身に誠実であることを心がける

診療の基本方針

私たちが目標にしている病院

地域のみなさまに「かかってよかった」といわれる病院になるために心がけていること

  • 患者さんにわかりやすく丁寧にご説明します。
  • 患者さんに安全で納得していただける医療を行います。
  • 患者さんの意思と尊厳を大切にします。
  • 患者さんから信頼を得られるように誠意をもって対応します。
  • つねに自己研鑽し人格・知識・技能の向上に努めます。

患者の皆様の権利

  • 皆様には良質な医療を受ける権利があります。
  • 皆様には医師・病院を自由に選ぶ権利があります。
  • 皆様には十分な説明を受けた後に、治療を受ける権利と拒否する権利があります。
  • 皆様には自己の情報の全てを知る権利があります。
  • 皆様には自己の情報の機密が守られる権利があります。

沿革

昭和 15年(1940) 5月 1日 有隣病院開設:理事長 石井 敬一郎
17年(1942) 4月 恩賜記念病棟(92床)建設
22年(1947) 4月 財団法人 有隣病院、医療保護施設認可:理事長 石井 敬一郎
25年(1950) 7月 13日 恩賜記念病棟焼失、同年9月再建
12月 国庫補助及び三菱重工(株)健康保険組合委託により病棟増築、結核病床数計159床
27年(1952) 5月 社会福祉法人 有隣病院 認可
28年(1953) 5月 国庫補助及び日本特殊鋼(株)健康保険組合委託により増築、病床数計220床
42年(1967) 1月 結核病棟(旧第3病棟100床)建設
45年(1970) 5月 法人名変更・社会福祉法人 東京有隣会
9月 一般内科病床(15床、翌46年30床)開設
51年(1976) 3月 病院A・B棟(5,576㎡):診療、リハビリテーション棟、病棟150床建設
秩父宮妃殿下御台臨のもと竣工式
平成 10年(1998) 11月 結核病棟を廃止し、一般病棟50床に変換 病床合計250床
12年(2000) 11月 病院C棟(療養病床98床・リハビリテーション・エックス線室・検診室)竣工
旧第3病棟(100床)閉鎖 病床合計248床
13年(2001) 5月 B棟1階改築、一般病棟50床を療養病棟へ変更(一般病棟100床、療養病棟148床)
21年(2009) 4月 病院A棟改築(一般病棟50床を療養病棟53床へ変更)
一般病棟50床、療養病棟201床、病棟合計251床
25年(2013) 12月 有隣病院C棟2階を回復期リハビリテーション病棟(30床)に変更(19床休床)。これに伴い、回復期リハビリテーション入院基本料2となる
26年(2014) 5月 有隣病院C棟2階(回復期リハビリテーション病棟)の病床数を40床に変更(9床休床)
27年(2015) 3月 有隣病院C棟3階を在宅復帰機能強化加算病棟に変更(49床)
28年(2016) 1月 有隣病院C棟2階(回復期リハビリテーション病棟)の病床数を49床に変更
7月 有隣病院C棟2階(回復期リハビリテーション病棟)の施設基準は、回復期リハビリテーション入院基本料1へ変更